ら れ つ


ただの文字の羅列かもしれない

一文字一文字読んでは比べて
おお、っとなって言葉がでない


大抵、名詞や形容詞からはじまる
それを思うと作りにくいかなんて
思い浮かんでも裏を返せば
とても新鮮な世界だと思って。

詩も大事

言葉を聴いて鳥肌、
ってのはいくらでもあって。

音が生む意味は結構広い、それに小さい。

指と指で作る望遠鏡のような。
覗くと視点があって見やすくなるの。

中学の時ね、流行っていたね

頭に浮かんだ感覚的なものは言葉にするとこうもばらばらなんだね、だからあまり言葉にしなかったけど。

忘れることって悲しいからね。
忘れても記して思い出したり発見したりして。たぶん時間をおいたらまた違うでしょ。


ここ(から)
そこ(から)
そこも、どこも、

場所を表すのに想像がつかない浮遊の場所にいいなと思ったのでここに記す。