振り替え休日

 

数年前に封印した記憶を今音楽を聴きながら的確に思い出させられている。走馬灯のようにと言いたいけれどわたしは走馬灯を見たことが無い。「あの頃は」とか「あの夏は」とか「あの」という言葉がさすものがわたしにもよく分からないのでほとんどがあいまいな過去をあらわしているように思う。過去を思い出すと自分よりも年下の自分を想像するのではなく今と同じ自分を想像する。成長は?経過は?時間が経っていないように感じるよ。「あれから」と言っても時間が経っていてもこの目で見た記憶は鮮明です。

 

高校時代

浅野いにおさんのソラニンを読みながらアジカンソラニンを聴いて変な空間を楽しんでいたな。笑 誰かに教えてもらった音楽はその時よりも今大切になっているように思う。今聴くとしくっりくるのです。体感的に。

 

どうしても記憶の水槽に足を浸けていたくなるでしょう。

だって気持ちがいいんだものね、それがあなたの経緯だとしたらその水槽自体があなたなのだから。何年も一緒に存在するわけで。その水槽の中身のそれらがひとつひとつ消えていくことを悲しく思ううちはまだ生きていけるね。

 

まだ気付いていないという贅沢さに気付いてしまったわけです。

頭の斜め上のしかもあなたには見えていない場所、想像の位置はきっとまだまだ見れないと思うよ。あっても触れない気付かないフリを続けてね。