0621


見えないような心掛けはピンと張った糸のようで今それを油断して緩めているところだ。見えないようにするには両端の引っ張る摘みがしっかりとしていなくてはならない。

どんなひとにもパフォーマンスを


良い疲れの余韻があると何かに繋がっていくような気がする。

今自分の文章までも
受け入れられないくらい閉口している

自然に開くのを待っていられないからこじ開けると余計後味の悪いものを感じる。いつだって そう。

頭から掻き出して 掻き出して 掻き出したい